「CLASS NAMO.」は、
名古屋の歴史や文化、伝統などをテーマにしたユニークな「授業」です。
ベースは、「ナゴヤを面白がる人を増やす」をミッションに活動する大ナゴヤ大学。
街の中にある、ヒト、モノ、コトなど色々な「面白い!」をテーマに授業を開催。
「CLASS NAMO.」は、どなたでも参加できます。
ご参加お待ちしております。

26文字のラブソング ?お座敷で三味線にのせて?

2014年01月31日(金)  19時00分 ~ 21時00分
教室:うなぎのやっこ(住所:名古屋市中区大須2-30-1)


江戸時代、お酒の席でみんながみんな口にして唄っていた文字数。
26文字。
七七七五のリズムに合わせて、三味線にのせて♪

今回の授業はそんな七七七五の26文字で唄うお座敷唄
「どどいつ」です。
漢字では「都々逸」と書く名古屋の熱田区で生まれたこの唄は
寄席やお座敷などで唄われて、男女間の関係をテーマにした
色恋ものが多く存在していて、
お酒を交えながらお互いの持ち唄を披露するなど
昔は都々逸の一曲でも唄えないと男は遊べなかったとか。

そして先生には、端唄・甚句・三味線の楽しさを
テレビやコンサートなどいろいろな舞台で伝えている
華房真子さん・華房小真さんをお迎えしました。

伝統芸能というと、どうしても近寄り難さを感じちゃうけれど・・・
すぐに唄えるのだろうか?

ちょっと不安に思った質問に
口火を切ったかのように始まった二人の会話。
「とにかく何でもありよ。季語は無いし、細かい決まりも無い。
三味線のリズムに合わせて唄うだけ♪愛の告白だってあり♪」
次から次へと行き交う言葉に、今にも三味線の音が聴こえてきそうで。
二人の言葉から見えてくる都々逸に、当時の盛り上がりさえ感じちゃえました。

授業では、大正9年創業の老舗で、
お酒を交えながら当時を再現しちゃいます。
昭和25年の趣がそのまま残るお座敷で、
お酒を交えながら三味線にのせて都々逸を唄って。
聴き心地の良いその音に、自然とあなたも饒舌に!?
26文字で何を唄って何を伝えようか♪

金曜日の仕事帰り、お座敷でお待ちしております。

授業コーディネーター
伊熊志保・森田和美

【当日の流れ】
18:40 生徒さん受付開始
19:00 授業スタート
      司会挨拶、先生紹介&30秒自己紹介
19:15 コミュニケーション&乾杯
19:20 オープニング都々逸
19:25 都々逸について学ぶ
19:45 先生による都々逸披露
      一緒に都々逸を唄う
20:00 ワークショップ・オリジナル都々逸をつくろう
20:40 授業の感想・まとめ
20:50 アンケート・集合写真
21:00 終了


華房 真子(どど一 真子)
端唄 華房流華の会 家元・甚富華と正調名古屋甚句を拡める会
代表・熱田神戸節どど一保存會会長
名古屋で永年にわたり端唄・小唄・三味線の指導発展につとめ、特に名古屋の伝統芸能である「都々逸」「正調名古屋甚句」に力をいれ、舞台、テレビなど多数出演。 市内東区の稽古場にて熱心な指導を行い、名古屋市文化のみち二葉館での甚句と三味線の無料体験講習は評判となっている。


華房 小真(どど一 小真)
端唄 華房流華の会 副家元・甚富華と正調名古屋甚句を拡める会
副代表・熱田神戸節どど一保存會 副会長
端唄・三味線・名古屋伝統音楽(甚句、都々逸)の演奏家として舞台・テレビなどに多数出演。 日本小唄連盟「若樹賞」、日本伝統文化振興財団「市丸賞」受賞。 NHK文化センター講師、椙山女学園大学の外部講師をつとめ、多くの人に日本文化の楽しさと素晴らしさを伝えるために精力的に活動中。


「授業」への参加は、 大ナゴヤ大学 http://dai-nagoya.univnet.jp/ の学生登録(無料)が必要です。
学生登録は、 大ナゴヤ大学トップページ右上にある[学生登録]ボタンからお願いいたします。
上記の「授業のご紹介」内の  申し込む  ボタンをクリックすると大ナゴヤ大学のサイトが開きます。
大ナゴヤ大学のサイトでも、同じ授業のご紹介・お申し込みを受け付けています。
授業参加の流れについてはこちら http://dai-nagoya.univnet.jp/relations/howto/ をご覧ください。


facebook

twitter

form

やっとかめ文化祭

City of Nagoya